Please enter a keyword/s to search for courses, institutions, scholarships or site content.

View All Scholarships

教育制度

10 reasons to study in Australia

オーストラリアは人口がわずか2300万人でありながら、イギリスとアメリカに続き世界で3番目に留学生の数が多いという事実をご存知ですか?世界大学ランキングTop 100の中にオーストラリアの大学7校がランクインしている事を考えると、これは驚くことではありません。実際に、1,100の教育機関で22,000以上のコースが提供されているオーストラリアは、「U21世界高等教育制度ランキング(2012)」(Universitas 2012 U21 Ranking of National Higher Education Systems)で、ドイツ、オランダ、日本よりも高い第8位にランキングされています。

これらは、教育に優れていることの証明となっていますが、教育機関の所在地である都市も同様に高く評価されています。オーストラリアには、学生にとって最も適した留学先を選ぶ際に重要な要素である、学生の多様性、費用の安さ、生活の質、雇用活動などに基づいて決定された学生にとって世界で最高の30都市(世界学生都市ランキング)には、オーストラリアの5都市が選ばれています。またオーストラリア政府から毎年2億豪ドル以上が留学生向けの奨学金として提供されており、オーストラリアに留学して、にオーストラリアの教育がいかにみなさんの将来のキャリアに役立つかを体験することを可能にしています。

特に興味のある学習分野はありますか?オーストラリアではあらゆる機会が提供されています。自然科学・数学、生命・農業科学、臨床薬学・医学、物理学の分野においては世界でトップ50に入る大学がオーストラリアには少なくとも1校はあります。、

このような素晴らしい教育の歴史を考えると、オーストラリア留学後に傑出した成果を上げた元留学生が現在250万人以上いることも、驚くことではありません。これらの元留学生の中には、世界で最高の知的人材となった人々もいます。実際、オーストラリアはこれまで15人のノーベル賞受賞者を輩出し、毎日世界中の10億人以上の人々が、自身および他の人々の生活を向上させるために、ペニシリン、IVF、超音波、Wi-Fi、人工内耳、子宮頸癌ワクチン、ブラックボックス・フライトデコーダーなどのオーストラリアによる発見や発明を利用しています。

世界でも有数の素晴らしい知能と意識を持った人々とともに、あなたも勉強してみませんか?

ソース

  1. www.oecd.org
  2. cricos.deewr.gov.au
  3. www.topuniversities.com/university-rankings
  4. www.topuniversities.com/city-rankings
  5. www.universitas21.com
  6. www.australiaawards.gov.au
  7. www.timeshighereducation.co.uk
  8. www.ieaa.org.au
  9. www.smartestinvestment.com.au

Last updated: Tuesday, 3 March 2015 3:03:14 PM

Rate this page

  • Rate as Helpful4 Helpful votes
  • Rate as Not helpful1 Not helpful votes