Please enter a keyword/s to search for courses, institutions, scholarships or site content.

View All Scholarships

勉強しながら働く

オーストラリアで勉強しながら働くことは、学習および生活体験に役立ちます。オーストラリアで勉強中にパートタイムでの就労を希望する理由は、生活費の補助、および履修分野での就労体験など、多数あります。

ほとんどの学生ビザでは、コースの開講期間は2週間に最大40時間までの就労が許可され、コースの定期休暇中は、無制限に働くことができます。ただし、有給の仕事に就く前には、自分のビザで労働が許可されているかどうかを確認することが必要です。詳しくはこちらの移民市民権省ウェブサイトをご覧ください。

有給の仕事

オーストラリアには幅広い産業がありますが、その多くにおいて以下のようなパートタイム雇用の機会があります。

  • 小売業 例 - スーパー、デパート、衣料品店
  • ホスピタリティ業界 例 - カフェ、バー、レストラン
  • 観光業 例 - ホテルおよびモーテル
  • 農業 例 - 農業と果物摘み
  • 営業およびテレマーケティング
  • 管理または事務職
  • 個別指導教師

既に資格および/または専門家としての就労経験がある場合は、自身の専門分野での臨時雇用、またはパートタイム労働をすることができます。

インターン制度

有給または無給のインターン制度は、専門的な業界、金融やクリエイティブ業界と関わりを持つための素晴らしい方法となります。本ウェブサイトの教育制度のセクションにあるインターン制度のページで、インターン制度の利用について詳しくご覧ください。

ボランティア

オーストラリアには多くの慈善事業団体と非政府組織(NGO)があり、常にボランティアを必要としています。ボランティアは、友人と出会い、労働の実地体験をしたり、地域社会に還元したりするための素晴らしい方法です。ボランティアに関する詳しい情報は、こちらのサイトで検索を開始してください。http://www.govolunteer.com.au/

労働者の権利

留学生やワーキングホリデービザで就労する人を含めて、オーストラリアで就労する人全員に労働に関する基本的権利があります。これらの権利では、以下の保護を行います。

  • 最低賃金
  • 不当な解雇に関する異議申し立て(仕事を解雇された場合)
  • 休暇と休息期間
  • 健康的で安全な労働環境

オーストラリアのほとんどの雇用者には「アワード(法定最低賃金)」が適用されており、指定の労働分野または産業での最低賃金と条件が規定されています。労働の権利について詳しく知りたい方は、オーストラリア政府のサイトであるフェアワークのウェブサイトをご覧ください。

オーストラリアで労働する場合は、最高税率で納税しなくてもすむように、納税者番号を取得し、雇用者に連絡することも必要となります。オーストラリア税務局のウェブサイトで、納税者番号の取得、およびオーストラリアでの納税に関する情報を入手してください。

仕事を探す

自分に合った仕事を探すには以下を含む多くの方法があります。

  • 新聞とオンラインでの求職サイト
  • 教育機関によっては、キャンパス内およびオンライン上で求職用の掲示板を提供しています。教育機関の留学生サポート職員に連絡を取り、学校ではどのような選択肢を提供しているかを調べます。
  • 就職斡旋会社にへの登録。多くの斡旋会社では、日雇労働または短期間の就職を斡旋しています。

Last updated: Monday, 13 January 2014 4:53:15 PM

Rate this page

  • Rate as Helpful3 Helpful votes
  • Rate as Not helpful0 Not helpful votes