Please enter a keyword/s to search for courses, institutions or site content.

出発の計画をする

教育機関への入学が許可されて学生ビザの受給を確認したら、到着に向けた計画を開始することが必要です。

以下は、出発計画をたてるために役立つチェックリストです。

  • パスポートおよびビザ - 自分のパスポートがオーストラリア入国まで少なくとも6か月の残存有効期間があること、ビザ関係の書類をすべて所持していることを確認してください。万が一パスポートを紛失した場合に備えて、自宅にパスポートの写しを自宅に残しておく、またはオンライン上に残しておくことをお勧めします。
  • 入学書類およびオリエンテーション用書類 - 教育機関から受け取った入学確定書(confirmation of enrolment CoE)および学生のための情報パックが必要となります。
  • 海外留学生健康保険 (Overseas Student Health Cover) - これは、オーストラリアへ入国する際に必要な条件であるため、必ず母国を出発する前に海外留学生健康保険の手配を行うようしにしてください。
  • 旅行保険 - 例えば航空便の欠航、書類の紛失、歯科医療、眼科医療などのOSHC(海外留学生健康保険)で適用されない部分をカバーする旅行保険についても考慮してください。
  • 航空運賃 - 航空便の運航日および時刻について必ず確認してください。航空便の詳細事項は、安全な場所にパスポートとビザと共に保管してください。
  • 連絡先の詳細 - 家族のために、緊急時の連絡先のリスト、および大使館、宿泊施設、教育機関に関する詳細情報を用意するようにしてください。留学エージェントを使用している場合、オーストラリアに到着した後に連絡をとる必要がある場合に備えて、エージェントの連絡先情報を携帯しておくことをお勧めします。
  • オーストラリアの通貨 - オーストラリアの空港と都市部には両替所がありますが、母国を出発する前にオーストラリアの通貨をいくらか持っていくことをお勧めします。
  • 空港からの交通 - 公共交通機関、タクシーを使用したり、または教育機関による空港での送迎を受ける場合でも、時刻、経路などの詳細事項を携帯することは重要です。教育機関が送迎手配を行っている場合には、学校の連絡先情報も持っていることが重要です。空港から宿泊施設に到着する際に役立つ地図が必要な場合、空港で入手することが可能ですが、出発前に印刷しておくこともできます。
  • 宿泊施設の詳細事項 - 滞在する予定の場所の住所、および電話番号、また宿泊施設の費用をすでに支払い済みの場合は領収書を必ず持って行ってください。

税関・国境取締局 および検疫法

オーストラリアに持ち込めないもの、したがって荷物に入れることができない品目について知っておくことが必要です。マリファナ、大麻、ヘロイン、コカイン、アンフェタミンなどの麻薬類をオーストラリア国内外で所持することは違法です。以下を含め、オーストラリア到着時に申告しなければならない品目がいくつかあります。

  • 拳銃類、武器、弾薬
  • A$10,000 豪ドルの通貨(または相当額の外貨))
  • 一部の医薬品
  • 食品、植物、動物、生物製剤

税関・国境取締局官は通常業務の一環としていつでも旅行者に質問することができ、また訓練を受けた犬が違法ドラッグまたは輸入禁止品を検知するために使用されることもあるので、注意してください。懸念がある場合は、所持物品を申請するか、または税関・国境取締局官に助言を求めてください。物品の申告をしたからといって、必ずしも自分の荷物が検査されるというわけではありません。

故意にオーストラリアの税関・国境取締局および検疫の規制を破った者は、罰金を課せられるか、起訴される可能性があります。オーストラリアの検疫法および国内に何を持ち込めるかについての詳しい情報は、農林水産省 のウェブサイトをご覧ください。また、オーストラリア 税関・国境取締局 サービス のウェブサイトでも情報を確認できます。


農業・水資源省農林水産省のウェブサイト

オーストラリア連邦政府農業・水資源省は、オーストラリア固有の動植物の保護や環境維持のため、厳しい検疫措置を実施しており、特定の食品、植物、動植物由来製品を含む物品の輸入・持ち込みを規制し、害虫や病原体の侵入を防ぐ役割を担っています。オーストラリアに物品を持ち込む際には、オーストラリアのバイオセキュリティ輸入条件を確認することが重要です。

特定の品目については厳格な輸入条件の下、持ち込みが可能なものがありますが、生の果物、野菜、食肉、家禽、豚肉、卵、乳製品、植物及び種子は持ち込みが禁止されています。

持ち込みが可能かどうか分からない場合は、機内で配られる入国カードにて申告するか、或いは持ち込みをしないことです。
何を持ち込めるかについての詳しい情報は、農業・水資源省農林水産省のウェブサイトをご覧ください。
 

Last updated: Tuesday, 4 June 2013 6:47:22 PM

Rate this page

  • Rate as Helpful1 Helpful votes
  • Rate as Not helpful0 Not helpful votes