Please enter a keyword/s to search for courses, institutions or site content.

日光と水

オーストラリアの日光は非常に暑く、母国で慣れていた日差しよりも強力な場合があります。肌を保護するためには、いくつかの手段があります。

  • 外出前には、SPF30+のウォータープルーフの日焼け止めクリームなどの日焼け防止製品を塗ります。
  • 水泳の後には、再び日焼け止めを塗ります。
  • 帽子をかぶり、UV保護用のサングラスをかけます。
  • 午前10時から午後3時までは日差しが最も強い時間帯なので、その間は長時間日光を浴びることを避けてください。
  • 晴天時以外でも必ずこれらのヒントに従ってください。曇りの日でも日焼けすることがあります。

オーストラリアには多くのビーチや河川がありますが、泳ぐ場合には注意することが重要です。海、川で安全を保つ場合のヒントは、以下のとおりです。

  • どの程度深いのかわからない水域には、決して飛び込まないでください。
  • 監視付きのビーチだけ(ライフガードが常駐するビーチ – 標識を探してください)で泳ぎ、 水難救助隊員から見えるように、常に赤と黄色の旗の間を泳ぎます。
  • オーストラリアの多くのビーチでは、「離岸流(rip)」が発生します。これは強い潮流で見分けるのが難しく、人を素早く海岸から引き離してしまいます。旗と旗の間で泳ぐ場合には、離岸流に巻き込まれるという問題は起こらないはずです。離岸流の中に入ってしまったら、慌てずに、それに逆らって泳がないことです。サーフボードや他の用具を持っていたら、それらに捕まっていてください。ビーチと平行にゆっくりと泳いで、離岸流から出るようにします。または、救助隊員や他の泳いでいる人やサーファーに手を振るか、助けを求めてください。

水の安全に関する詳しい情報は、サーフ・ライフセービングのウェブサイトをご覧ください。

Last updated: Wednesday, 5 June 2013 8:34:30 AM

Rate this page

  • Rate as Helpful1 Helpful votes
  • Rate as Not helpful0 Not helpful votes