Please enter a keyword/s to search for courses, institutions or site content.

住居の安全

オーストラリアでは、都市部でも市街地でも火災に対する意識は欠かせません。火災の緊急事態が発生したら、以下の手順に従ってください。

  • 電話または携帯電話から000に電話します。携帯電話からの通話料も無料です。
  • オペレーターに「Fire(火災だ)」と伝えます。
  • 英語が話せない場合は、自分の話す言語を伝えて指示を待ちます。
  • オペレーターの質問に答えます。

火災予防に役立つヒント

  1. 家または部屋で煙探知機が作動することを確認します。
  2. 配線および電子機器は、特に古い建築物では、使用しすぎると加熱することがあります。配電盤に過負荷をかけないでください。またアダプターの二股使用は絶対しないでください。
  3. 電気ヒーターまたはラジエーターは、ベッド、家具、カーテン類から少なくとも1mは離しておいてください。
  4. 調理が終わったら、忘れずにすべての機器を停止させてください。ほとんどの自宅の火災は、油脂、油、他の可燃性の調理用製品をコンロの上に置き忘れた場合に、台所で発生しています。

火災時に何をすべきか

自宅で火災が起きた場合に備えて、事前に避難路を計画しておきます。出入口または窓はふさがないでください。古い建物では、窓が動かないことがあるため、必ず窓が開けられることを確認します。鍵と電話を置く特定の場所を設けて、急いで家を出る場合でも置き場所がわかり、緊急サービスに電話できるようにしてください。

火災発生時にブッシュの中にいた場合は、テレビ、ラジオ、インターネットなどのメディアの報告に注意します。そうすることで、その地域から避難する必要があるかどうか、またはいつ避難すべきかがわかります。

Last updated: Wednesday, 5 June 2013 8:33:49 AM

Rate this page

  • Rate as Helpful1 Helpful votes
  • Rate as Not helpful0 Not helpful votes