Please enter a keyword/s to search for courses, institutions or site content.

学校

オーストラリアの学校教育にはプリスクール、準備学級(または幼稚園)、小学校、セカンダリースクール(または中学校)、シニアセカンダリースクール(または高校)があります。

学校教育は、準備学級からシニアセカンダリーまで13年間続き、少なくとも16歳までは義務教育です。オーストラリアで利用可能な学校の種類には、政府運営校、非政府運営校(カトリックやイスラム教などの宗教に基づいた学校を含む)、モンテッソーリやシュタイナーなどの教育理念に基づいた学校があります。すべての学校は、州や準州の教育省で登録を受けていることが必要で、施設・設備や教師の登録に関する政府の定める必要条件に従わなければいけません。

オーストラリアの学校で行っているのは、単に生徒の教育だけではありません。生徒が、コミュニケーションスキルや自己鍛錬、自分、友人、および世界に対する敬意を育み、生徒が人生に向けて準備できるようにします。学校では、英語や、数学、社会や環境の研究、科学、芸術、英語以外の言語(LOTE)、技術、保健、体育などの主要な学習分野で、幅広いカリキュラムを提供します。学校では、チームワーク、自己表現、教室外で行われる自己啓発を含む、包括的な教育に利点があることも確信しています。

オーストラリアでは、教育的であると同時に個人を豊かにし、また変化を続ける世界で大人として生きるのに必要とされるスキルや資質を開発する、様々な学習環境を利用しています。

高水準の教育

オーストラリアの学校は、世界でも有数の高い水準にあります。オーストラリアの教育が貴重なものである理由をご自分で確認してください。

  • 小人数クラス(1クラスの最大生徒数が30 名である)
  • 教員は大学で訓練を受けた有資格者で、専門科目はその分野を専門とする教師が教えている
  • すべての学校にコンピュータとインターネット接続が配置されているなど、高度なテクノロジー環境が備わった高水準の設備
  • 優秀な成績の生徒をより伸ばすための「Gifted and talented」育成プログラム
  • 優秀な成績の生徒が、大学レベルの科目を履修し単位を取得できる「High Achievement」プログラム
  • 追加の学習サポートを必要とする生徒を対象とした個人的な学習プログラム
  • 教育の質保証制度により、学校は一定の基準を満たさなければならない

思想的指導者の創出

オーストラリアの学校カリキュラムでは、生徒の将来を見据えた準備を行います。学校は、生徒が自立して成果を収めることができる学習者、自信を持った創造性豊かな個人、活動的で教養のある市民になるように育成し、グローバル世界で成功できるようにあらゆるスキル、知識、能力を提供することを目的としています。幼稚園から12年生に至るまで、オーストラリアの学校ではすべての生徒に公平に扱い、教育のあらゆる分野での成功を目指して努力することに焦点を置いています。

教授方法と評価方法

様々な教授方法が使用されていますが、その中には教師主導の学習、生徒の研究、グループプロジェクトと発表、ビジュアルプレゼンテーション、Eラーニング、対話型の授業などがあります。生徒の成果を評価するために、各種の評価方法が使用されます。これには、個人的な研究プロジェクト、グループ課題、口頭発表およびビジュアルプレゼンテーション、ポッドキャストまたはヴォッドキャストでのプレゼンテーション等の技術の使用のほか、従来のテストや課題などがあります。国や州の試験プログラムにより、基準を満たしているかどうか確認されています。

学校で授与される資格

シニアセカンダリースクール(11 年生と12年生)を修了した後、生徒は試験を受けて公式な資格であるサーティフィケートを受け取ります。このサーティフィケートの名称は、オーストラリアの州に基づいた教育制度ごとに異なりますが、サーティフィケートの名称に関わらず、すべてのオーストラリアの大学、高等教育機関、職業教育訓練機関、および国外の多数の教育機関で認められています。

Last updated: Monday, 13 January 2014 4:46:16 PM

Rate this page

  • Rate as Helpful4 Helpful votes
  • Rate as Not helpful1 Not helpful votes