Please enter a keyword/s to search for courses, institutions, scholarships or site content.

View All Scholarships

留学生のための教育サービス(ESOS)

「留学生のための教育サービス(ESOS)法」は、オーストラリアで勉強している留学生の権利を保護するもので、以下のものが含まれています。

  • コース、料金、勉強の形式などに関する現在の正確な情報を教育機関やその代理業者から入学前に受け取る権利。本人が18歳未満である場合は、安全を確保するために宿泊施設、サポート、福利厚生に関する準備ができている場合に限りビザが発給されます。
  • 提供される予定のサービス、(学費と学費以外の)支払うべき料金、および学費の払戻しについての情報を規定した契約書に、費用を支払う前または支払い時に署名を行う権利。

Tuition Protection Service(TPS)(学費保護サービス:TPS)は、教育機関がコースを実施することができない場合に有効となる、留学生のための転校および返金サービスです。「学費保護サービス」のウェブサイトでこのサービスについて詳しくお読みください。

教育機関の責任

ESOS 法では、オーストラリアの教育機関が留学生に対して教育と訓練を提供する際に満たさなければならない基準について規定しています。これらの基準は、知る権利のある幅広い情報、および提供されなければならない以下のサービスについて適用されます。

  • オーストラリアでの学習と生活への適応を支援する、オリエンテーションとサポートサービスの利用
  • 留学生担当官の連絡先
  • コースの取得単位の申請ができるかどうか、および申請する方法
  • 在籍が延期、保留、取り消しになるかどうか、およびその時期
  • 履修コースにおいて教育機関が十分な成績とみなす条件と、あまり進歩が見られない場合に利用できるサポートの種類
  • コースで出席率がチェックされるかどうか、およびその時期
  • 苦情と抗議の手続き

学生の責任

学生ビザを持つ留学生として、皆さんには次の責任があります。

  • 学生ビザの条件を満たすこと、コースで十分な成績と良好な出席率を保つこと
  • 海外留学生健康保険(OSHC)に、滞在期間中継続して加入していること
  • 教育機関との間の書面の利用規約に従うこと
  • 住所や連絡先を変更した場合、教育機関に通知すること
  • コースで出席率が記録されている場合は、教育機関の出席に関する方針に従うこと
  • 18歳以下の場合、認可された宿泊施設、サポート、一般的な福利厚生の手配を維持すること

Last updated: Saturday, 8 June 2013 11:54:30 AM

Rate this page

  • Rate as Helpful0 Helpful votes
  • Rate as Not helpful0 Not helpful votes