Please enter a keyword/s to search for courses, institutions or site content.

コースの単位と免除

オーストラリアでは、既に取得済みのコースの単位を使用することができます。

Recognition of Prior Learning(RPL)別名、単位認定制度とは、以前の公式・非公式の訓練、就労体験、専門能力開発、専門職の免許と試験、他の就労ベースの教育と訓練を認定するものです。単位認定制度は、教育機関の裁量により、大学と大学院のプログラムの両方で利用できます。以前の職業教育訓練(VET)の履修に対しても単位が付与されることがあります。

オーストラリアには、他国で取得した資格を認定する制度があります。オーストラリア政府機関である National Office of Overseas Skills Recognition(NOOSR) は、オーストラリアの教育機関が海外での資格を認定することを支援し、学生が以前受けた教育を認定できるようにします。

以下は、単位と免除の相違について短くまとめたものです。

単位 免除
学位・資格取得のためには、コース期間中のすべての単元または科目が必要です。

他の場所で就労または学習経験がある場合に、新しい教育機関は、合計単位数の一部となる単位として認定する場合があります。その場合、授業を重複して受講する必要がありません。
免除とは、単元や学科に出席することを免除されることを意味します。

単位認定ではなく免除を受ける場合は、学位・資格取得に向けて、さらに単位を取得するために単元や科目を履修しなければならない場合もあります。

コースの単位または免除を受ける方法

必要条件とプロセスは、教育機関やコースによって異なりますが、一般的に就労経験の詳細は、職場からの推薦状や出版された作品など自分の経験を証明するものとなります。学歴は通常、最後に学習した教育機関からの学業成績表または学位・資格を示す書類、履修したカリキュラムの写しにより証明します。

希望のコースと教育機関が決定したら、コースの専門家に連絡を取り、自分の学習計画について伝えてください。コースの専門家は、単位または免除を取得できる目標に合った最善の進路について、助言を提供できます。

Last updated: Tuesday, 4 June 2013 6:39:38 PM

Rate this page

  • Rate as Helpful2 Helpful votes
  • Rate as Not helpful0 Not helpful votes