Please enter a keyword/s to search for courses, institutions, scholarships or site content.

View All Scholarships

お子様を同伴しますか?

オーストラリアに留学するときに学齢期の子供を同伴する場合は、子供の学校の手配をすることが必要です。学生の入学と学費に関する必要条件は、オーストラリアの州/準州、および学校ごとに異なります。以下にオーストラリアの各州と準州での公立学校の学費の取り決めについて記載しました。詳しい情報は、関連するウェブサイトのリンクをご覧ください。

ACT

一時ビザによっては、保有者に学齢期の扶養家族の料金免除を申請する資格があります。ACT 政府教育訓練局で学費の詳細をご覧ください。

NSW

ニューサウスウェールズ州の一時滞在者の扶養家族の大部分は、授業料を支払う必要があります。例外もあるため、詳しい情報をDECインターナショナルのウェブサイトで確認してください。

NT

高等教育と職業教育訓練(VET)の学生の扶養家族は、留学生として扱われるため、全額自己負担で授業料を支払うことになります。唯一の例外は、AusAIDの学生の扶養家族と、チャールズダーウィン大学で認定された一部のPhD取得のために母国から奨学金を受けている学生の扶養家族です。詳しい情報は、ノーザンテリトリー準州教育省のウェブサイトでご覧ください。

QLD

教育訓練雇用省では、その親がクイーンズランド州の高等教育機関で学んでおり、扶養家族の資格を満たす一時ビザの保有者である学生に対して、授業料の免除を行っています。この方針は、Education Queensland Internationalエジュケーション・クイーンズランド・インターナショナルのウェブサイトでご覧いただけます。ここには、一時ビザ保有者の扶養家族に関する授業料免除の適格性の査定に関する必要条件に関する規定が掲載されています。

SA

留学生の扶養家族の学費に関する情報は、南オーストラリア州留学生のウェブサイトでご覧いただけます。南オーストラリア政府では、必要な基準を満たす南オーストラリア州の大学で研究による高等学位コースで学ぶ扶養家族に対して、授業料を免除しています。詳しい情報は、「SA政府留学生(SAGovernment International Students)」のウェブサイトの南オーストラリア州政府が保証する奨学金受給者の子供のページでご覧ください。

VIC

授業料は、全てのビクトリア州立学校で同額です。親がビクトリア州の高等教育機関で学んでいる学生には、割引があります。詳しい情報は、StudyVICのウェブサイトをご覧ください。  

TAS

ほとんどの扶養家族である学生は、タスマニア州立学校に通学する際に授業料を支払う必要があります。全般的な情報は、タスマニア州教育省ウェブサイトでご覧ください。

WA

西オーストラリアで高等学位コースを履修している留学生の子供は、州立学校で補助金を受けた学校教育を利用できます。資格のある子供は、国内の学生に適用されるのと同レベルの授業料で、州立学校で学ぶことができます。

高等学位を履修している留学生の子供が、州立学校で学ぶための詳しい情報は、WA Education and Training International のウェブサイトでご覧ください。

Last updated: Wednesday, 11 June 2014 1:23:58 PM

Rate this page

  • Rate as Helpful1 Helpful votes
  • Rate as Not helpful0 Not helpful votes